心臓リハビリテーションのまにまに

心臓リハビリテーションについて考えたり思ったりしていることをつらつらと書いています。

スポンサーリンク

介護生活敗戦期はとてもためになります

こんにちは、心リハ太郎です。

日経ビジネスオンラインで楽しみに読んでいる連載の一つがこちらです。

「事実を認めない」から始まった私の介護敗戦:日経ビジネスオンライン

認知症の介護には制度的にもまだ厳しい現実が横たわっています。
また認知症の家族をどう介護していくのかについても、社会的にはまだ認知されていない部分が多いです。

こちらの連載では、筆者である松浦さんが母親が認知症になったことが認められないところから始まり、紆余曲折、悪戦苦闘しながら、必死に母親を介護をしていくリアルな家族の姿が描かれており、医療者にとっても参考になること請け合いです。

このブログでも何度か書いている通り、今後の日本は恐ろしい勢いで認知症患者が増加し、それは心臓リハビリテーション対象の患者さんであっても同様です。

介護生活敗戦期は、単にADLのみを問題にせず、認知機能も含めたサポートをどうしていくか、家族をどうサポートしていくか、ということについて深く考えさせられる内容になっていますので、是非読んでいただくことをお勧めいたします。


ではでは。